地域貢献活動として、令和三年度第一回目の標識・反射鏡等の清掃活動を実施しました。


群馬県交通安全施設業協同組合では地域貢献活動として、令和三年度第一回目の標識・反射鏡等の清掃活動を七月七日・八日の二日間にわたり実施しました。今年は高崎地区、藤岡地区、伊勢崎地区の三地区(土木事務所管内)で行いました。高崎地区では五,〇八七か所、藤岡地区では二,二〇二か所、伊勢崎地区では四,三七五か所(合計一一,六六四か所)の道路標識、道路反射鏡等の清掃、点検、角度調整を組合員で行いました。毎年初日に出発式を執り行っておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、今年は各班一斉に作業現場に向かい清掃活動を行いました。作業後は、破損や老朽化により危険なものや、視認性の低下しているものについてリスト化して、道路管理者や交通管理者の皆様に報告します。今後も群交協の社会貢献事業として、継続してまいりますので、関係者皆様のご理解ご指導をお願いするとともに、引き続きご協力をお願い致します。